改善事例

CASE

BRANCH
吉祥寺

【発症5年】70代女性・MK様・パーキンソン病・首下がり症候群の改善事例

走行 リハビリ14回目

70代
女性

ご利用者様情報

年代
70代
性別
女性
疾患名
パーキンソン病
発症からの期間
5年
症状
首下がり症候群
ご利用期間・回数
4ヵ月
リハビリ目標
首下がりを良くしたい。    スムーズな歩行・走りたい。

動画

MOVIE
  • 走行比較(正面)

  • 歩行比較(側面)

  • リハビリ場面(ジャンプ)

リハビリの記録

RECORD

ご利用までの経緯

パーキンソン病を発症後5年経過され、昨年夏ごろから首下がり症候群がひどくなり、当施設のご利用を開始されました。

体験時の状況

独歩可能でしたが、首下がり症状が著明に見られ、また頸部・体幹・骨盤周囲の柔軟性が乏しく硬さを認めました。
そのため、急な立ち座りや方向転換時にバランスを崩しやすい状態でした。

リハビリ内容

以前までは近隣病院で週3回、リハビリを実施されていました。
当施設では、体幹や骨盤周囲の柔軟性を高める運動や座位・立位でのバランス練習を行いました。
また、Curaraにて歩くリズムの調整を図りました。
自主トレーニングもラインで共有し、熱心に取り組んでいただきました。

リハビリの結果

RESULT
首下がりの症状は、リハビリ開始時と比較して改善が得られました。また、走る練習が行えるようになりました。
直線だけでなく、走りながら方向転換ができるようになったため、施設内を周回する練習もできるようになりました。

担当スタッフからのコメント

COMMENT
ご自宅でも熱心に自主トレーニングに取り組んでいただけたので、リハビリの効果がさらに高まりました。
日による状態変動もありましたが、4ヵ月リハビリを継続された結果、走る練習も行えるようになりました。
今後も首下がりの改善やスムーズに歩く、走るという目標に向かって取り組んでまいります。
担当者の画像

百瀬 義一