改善事例

CASE

BRANCH
吉祥寺

【発症1年3カ月】 40歳代・男性・脳出血(右被殻)・左片麻痺

歩行比較(正面)リハビリ10回目

40代
男性

ご利用者様情報

年代
40代
性別
男性
疾患名
脳出血(右被殻)
発症からの期間
1.3ヶ月
症状
左片麻痺
ご利用期間・回数
3ヶ月
リハビリ目標
杖・装具なしで歩きたい

動画

MOVIE
  • リハビリ(HAL)

  • リハビリ効果

  • リハビリ効果(HAL)

リハビリの記録

RECORD

ご利用までの経緯

総合病院に約8カ月(回復期約6カ月)入院され、退院後は訪問リハビリや他の自費リハ施設を利用されていました。
もっと積極的に動くリハビリをしたいということで当センターの利用開始をいただきました。

体験時の状況

杖と装具を使用して歩行は可能でしたが、麻痺や感覚障害が重度で左手足の位置がわかりにくい状態でした。
そのため足元を見ながら歩く姿勢が顕著に見られていました。
装具を外した歩行では、さらにその姿勢が助長されていました。
当施設には介護タクシーを利用して通われていました。

リハビリ内容

退院後も回復を目指し、保険内、保険外リハビリを積極的に行っていました。
当センターを利用してからは、左足首をご自身で動かせるようになるためにHALを用いました。
また徒手療法の中で立ち座りやバランスの練習なども行いました。

リハビリの結果

RESULT
左足首を徐々にご自身で動かせるようになりました。
また少しずつ感覚障害も改善し、「床についている感覚」「動いている感覚」が自覚できるようになってきています。
そのため装具を外しての歩行でも、視線が前を向き、身体の捻じれも改善してきています。

担当スタッフからのコメント

COMMENT
重度の運動麻痺・感覚障害を呈しており、「左足が動いている」「左足が床についている」などの感覚がわからないため、足元を見たり、必要以上に左足を振り出してしまっていました。
現在は外出も公共交通機関の利用も、お一人でできるようになっております。
ご本人からも「徐々に自信がついてきた」とお言葉をいただいています。
まだ装具なしでは左足の振り出しや支え方が不十分ですので、今後も目標が達成できるよう、ご一緒にリハビリに取り組んでいきます。
担当者の画像

百瀬 義一