改善事例

CASE

BRANCH
吉祥寺

【発症後4ヵ月】80歳代・男性・脳梗塞・左片麻痺の改善事例②

歩行比較(正面)リハビリ21回目

80代
男性

ご利用者様情報

年代
80代
性別
男性
疾患名
脳梗塞
発症からの期間
4カ月
症状
左片麻痺
ご利用期間・回数
4カ月
リハビリ目標
最寄りの駅まで(2km程度)歩きたい。

動画

MOVIE
  • リハビリの経過

  • リハビリ効果

  • 歩行練習(Curara)

リハビリの記録

RECORD

ご利用までの経緯

運動麻痺が軽度のため10日程度で急性期病院を退院されました。
介護保険の認定まで時間を要するため、早期のリハビリ開始を希望されており、インターネットで当リハビリセンターを知っていただき、利用開始いただきました。

体験時の状況

屋内は独歩、屋外は杖を使用して歩行可能でした。しかし脳梗塞と元々の背中を曲げた姿勢の影響により、体幹の活動が乏しく、また麻痺側である左足で身体を支えきれないため、歩くと徐々に右へ寄ってしまう状態でした。また発症後間もないため、表情の変化も乏しく、疲れやすい状態でした。

リハビリ内容

ロボット(Curara)による歩行支援と体幹と下肢に対する徒手的なリハビリを中心に行いました。また、身体機能だけでなく精神・認知機能の活性化も意識し、段差昇降など全身の活動を高めるリハビリを実施しました。
体幹や下肢の活動性が高まり、歩行姿勢の改善を認めました。腕もスムーズに振れており、真っ直ぐ歩けるようになりました。
歩行が安定してからは、後ろ歩き、継ぎ足歩き、横歩きなど応用歩行も行いつつ、バランスの向上に取り組んでおります。

リハビリの結果

RESULT
体幹や下肢の活動性が高まり、歩行姿勢の改善を認めました。腕もスムーズに振れており、真っ直ぐ歩けるようになりました。
現在は20cmの段差も杖を使わず、昇り降りができるようになっています。
狭い足幅でもバランスをとれるようになったことで、歩行の安定性がさらに向上しました。
現在は『最寄りの駅まで歩ける』ようになり、目標を達成されました!
歩行速度も時速2.5km/hに達しています。

担当スタッフからのコメント

COMMENT
脳梗塞発症後2週間からのリハビリであったため、バイタルサインには特に留意してリハビリを行いました。
リハビリ開始当初はタクシーを利用してご家族同行で通われていましたが、現在はお一人で電車も利用して通われています。
契約も更新いただき、順調に歩行姿勢・速度の改善を認め、『最寄りの駅まで歩ける』という目標は達成され、私自身も大変嬉しく思っております。
現在は、歩行速度時速3km/hを目指してリハビリを継続されています。今後もKF様の生活の質がさらに向上するよう、取り組んでまいります。
担当者の画像

百瀬 義一