お知らせ

NEWS

BRANCH

大阪

CATEGORY

コラム

どうするべき?脳卒中による片麻痺の歩行の特徴とリハビリの進め方!

こんにちは!大阪市にある脳神経リハビリセンター大阪の岡です。

脳卒中を発症し、片麻痺になると歩行に障害が生じます。

その障害の特徴や、リハビリ方法を皆さんはご存知ですか?

この記事では、あなたやあなたのご家族が、もし片麻痺になった場合、

どのようなリハビリとサポートが必要なのかを詳しく解説します。

必要な知識を正しく取り入れて、生活をより良いものにしましょう。

脳卒中と片麻痺の基本的な理解

脳卒中と片麻痺の基本的な理解

本章では、「脳卒中と片麻痺の基本的な理解」というテーマに沿って、

脳卒中の概要と原因、片麻痺の定義と発生メカニズム、

そして片麻痺が日常生活に与える影響について解説します。

これらの情報は、患者様やご家族が脳卒中とその後の生活について理解を深めるのに役立ちます。

脳卒中の概要と原因

脳卒中は、脳の血管が詰まるか破裂することで起こります。主な原因は以下の通りです。

高血圧:最も一般的な原因で、脳卒中患者の約60%が該当します。

喫煙:脳卒中リスクを2倍に増加させることが知られています。

糖尿病:血糖値の管理不良がリスクを高めます。

これらの要因を理解し、予防策を講じることが重要です。

片麻痺の定義と発生メカニズム

片麻痺は、脳卒中によって脳の特定部分が損傷を受け、

体の片側に麻痺が生じる状態です。

発生メカニズムは以下の通りです。

脳の運動野損傷:身体の対側に影響を及ぼす。

神経伝達の障害:筋肉への指令が伝わりにくくなる。

早期のリハビリテーションが回復には不可欠です。

片麻痺のさらに詳しい解説はこちらのリンクをご確認ください。

【【改善事例あり】脳卒中による片麻痺とは?原因や症状、治療法について】

片麻痺の影響と日常生活への影響

片麻痺は日常生活に多くの影響をもたらします。

主な影響は以下の通りです。

歩行困難:バランスの問題や筋出力低下が原因です。

日常動作の制限:着替えや食事が困難になることがあります。

コミュニケーションの障害:言語や表情の問題が生じることも。

これらに対しては、個別のリハビリ計画と適切なサポートが必要です。

片麻痺による歩行の特徴

片麻痺による歩行の特徴

この章では、片麻痺が歩行に与える具体的な影響について深く掘り下げて解説します。

片麻痺による歩行速度の変化、歩行周期とストライドの変化、そしてステップ長と歩行の不安定性について、

患者様やご家族が日常生活で直面する歩行の問題を理解し、対処するのに役立つ情報を提供します。

歩行速度の変化

片麻痺による歩行速度の低下は、以下の要因によって引き起こされます。

筋出力の低下

片麻痺により、影響を受けた側の筋出力が弱まります。

これにより、歩行時の推進力が低下し、結果として歩行速度が遅くなります。

バランスの問題

片側の感覚や筋肉の協調が損なわれると、体を安定させることが難しくなります。

これにより、患者様は歩行時により慎重になり、歩行速度が遅くなる傾向があります。

歩行周期とストライドの変化

片麻痺による歩行のリズムの変化は、以下のように現れます。

不均等な歩行周期

健康な側と麻痺側で歩行のリズムが異なります。

これは、片側がもう一方の側よりも速く動くため、歩行が不均衡になることを意味します。

短縮されたストライド

麻痺側の足の動きが制限されるため、歩幅が狭くなります。

これは、歩行時のステップが小さくなることを意味し、全体的な歩行効率が低下します。

ステップ長と歩行の不安定性

片麻痺による歩行の不安定性は、以下のように現れます。

不均等なステップ長

麻痺側の足が十分に前に出ないため、歩幅が不均等になります。

これにより、歩行時のバランスが崩れやすくなります。

転倒リスクの増加

バランスの問題と不均等な歩幅が転倒のリスクを高めます。

特に、不安定な地面や障害物がある環境では、転倒の危険性がさらに高まります。

この章では、片麻痺が歩行に与える影響について詳細に解説しました。

これらの情報を理解し、適切なリハビリや日常生活での工夫を行うことで、歩行能力の改善を目指します。

リハビリにおける歩行改善のアプローチ

この章では、片麻痺による歩行障害を改善するためのリハビリのアプローチに焦点を当てます。

効果的なリハビ方法、片麻痺患者様向けの特別な訓練技術、

そして再生医療とリハビリの組み合わせについて詳しく解説します。

これらの情報は、患者様やご家族がリハビリを通じて歩行能力の改善を目指す際に役立ちます。

効果的なリハビリ方法

片麻痺による歩行障害の改善には、以下のリハビリ方法が効果的です。

筋出力トレーニング:麻痺側の筋出力を強化し、歩行時のサポートを提供します。

バランス訓練:立位や歩行時のバランスを改善するためのエクササイズを行います。

歩行訓練:実際の歩行を模倣し、歩行パターンを改善します。

片麻痺患者様のための特別な訓練技術

片麻痺患者様向けには、以下の特別な訓練技術が有効です。

神経筋電気刺激(NMES)

麻痺した筋肉に電気刺激を与え、筋肉の活動を促進します。

ロボット支援歩行訓練

ロボット技術を利用して、正しい歩行パターンを学習します。

鏡像療法

健康な側の動きを鏡で映し出し、麻痺側の運動感覚を刺激します。

再生医療とリハビリの組み合わせ

最新の再生医療技術とリハビリテーションを組み合わせることで、以下のような利点があります。

神経回復の促進

幹細胞療法などの再生医療が、損傷した神経の回復をサポートします。

機能改善の加速

再生医療による生物学的治療とリハビリテーションの組み合わせが、機能回復を加速させます。

当センターの事例

当センターでリハビリを受けて実際に改善した事例をご紹介します。
①歩行スピードが速くなり、連続歩行可能距離が5分から10分まで延長した。

②歩行開始時から背筋が伸び、歩行中も伸びたまま歩けるようになった。

③麻痺側の足に荷重しても恐怖心が減り、麻痺側で支える時間が増えたため、楽に歩けるようになった。

こちらの記事も、是非参考にご覧ください。

【歩くことが怖い・怖くなったあなたへ】

日常生活での歩行サポートと工夫

日常生活での歩行サポートと工夫

この章では、片麻痺による歩行障害を持つ患者様が

日常生活で直面する課題に対処するためのサポートと工夫について解説します。

家庭で行える運動、歩行補助具の活用、そして環境調整と安全対策に焦点を当て、

患者様とご家族が安全かつ効果的に日常生活を送るための具体的な方法を提供します。

家庭でできる運動とサポート

片麻痺患者様の歩行能力を支援するための

家庭での運動には以下のようなものがあります。

筋出力強化運動:麻痺側の筋肉を強化するためのシンプルな運動。

バランス訓練:立位や座位でのバランスを改善するエクササイズ。

歩行練習:家の中での安全な場所での歩行練習。

歩行補助具の活用

歩行をサポートするための補助具には、以下のようなものがあります。

杖や歩行器:安定性を提供し、自立した歩行をサポート。

特別な靴やインソール:歩行時のバランスと快適さを向上させる。

装具:麻痺側の足首や膝をサポートし、歩行を安定させる。

環境調整と安全対策

安全な歩行環境を整えるためには、以下のような工夫が必要です。

滑りにくい床材の使用

転倒リスクを減らすための床材の選択。

手すりの設置

階段や廊下に手すりを設置し、安全な歩行をサポート。

障害物の除去

つまずきやすい物を片付け、歩行スペースを確保。

この章では、片麻痺による歩行障害を持つ患者様が

日常生活で直面する課題に対処するためのサポートと工夫について詳しく解説しました。

これらの方法を取り入れることで、より安全で快適な日常生活を送ることができます。

心理的サポートとコミュニケーション

心理的サポートとコミュニケーション

この章では、心理的な側面と、そのサポートに焦点を当てます。

脳卒中による身体的な変化は、患者様の心理状態に大きな影響を及ぼすことがあります。

ここでは、患者様の心理状態への対応、家族とのコミュニケーションの重要性、

そして社会的サポートネットワークの活用について詳しく解説します。

脳卒中患者様の心理状態と対応

脳卒中患者様が経験する可能性のある心理的な問題には以下のようなものがあります。

うつ症状:活動の減少や気分の落ち込み。

不安感:将来への不確実性や再発の恐れ。

自己肯定感の低下:自分の能力への信頼の喪失。

これらの問題に対する対応策としては、以下が考えられます。

心理カウンセリング:専門家によるサポート。

リラクゼーション技術:ストレス軽減のための瞑想や呼吸法。

ポジティブな活動の促進:趣味や社交活動への参加。

家族とのコミュニケーションの重要性

患者様とご家族の間のコミュニケーションは、回復過程で非常に重要です。

以下の点が効果的なコミュニケーションに役立ちます。

感情の共有:お互いの感情や悩みを話し合う。

情報の共有:治療やリハビリの進捗についての情報交換。

サポートの提供:相互のサポートと理解。

社会的サポートネットワークの活用

社会的サポートネットワークは、患者様の心理的な回復を助ける重要な要素です。

活用できるリソースには以下のようなものがあります。

地域のサポートグループ:同じ経験を持つ他の人々との交流。

オンラインコミュニティ:インターネットを通じた情報共有や支援。

専門家のネットワーク:医師やセラピストからの専門的なアドバイス。

この章では、脳卒中患者様の心理的な側面と、そのサポートについて詳しく解説しました。

これらの情報を活用し、より良いコミュニケーションとサポートを実現することが重要です。

まとめ

まとめ

この記事を通して、片麻痺による歩行の特徴と

改善のためのリハビリテーション方法を深く掘り下げました。

歩行速度の変化、歩行周期とストライドの変化、ステップ長と歩行の不安定性について理解を深め、

日常生活でのサポートと工夫についても学びました。

この知識が、患者様の歩行改善に役立つことを願っています。

あなたの回復への道のりを、心から応援しています!

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください
弊社では経験豊富なセラピストが、ロボットやAIによる最新のリハビリを駆使してサポートさせて頂きます。

・散歩や買い物を楽しみたい
・維持ではなく、改善をしたい
・装具や杖などを使用せずに歩けるようになりたい

このようなお悩みを持つ方はぜひお問い合わせください。

毎月先着5名様限定無料体験を実施しておりますのでお早めにどうぞ!

お問い合わせはこちらから↓
>>名古屋付近にお住いの方
>>大阪付近にお住いの方

この記事を書いた人
岡 民雄

岡 民雄

理学療法士

2011年に理学療法士免許を取得。急性期・回復期・維持期・自費リハビリ、全てのステージのリハビリを経験。急性期ではSCU(脳卒中集中治療室)にも勤務。これまで主に脳血管疾患・整形外科疾患・神経難病の方のリハビリに携わり、学会での発表や講習会でのアシスタントなどを行なう。2023年4月から大阪市にある脳神経リハビリセンター大阪に勤務。