お知らせ

NEWS

BRANCH

名古屋

CATEGORY

コラム

【まとめ】気になる方必見!脳卒中治療って何するの?費用や回復過程

こんにちは!脳神経リハビリセンター名古屋の大野です。

「脳卒中の治療って具体的にはどんなことするの?」

「治るのにどれくらいかかるのかな?」

などなど、気になる方も多いですよね。

今回は、脳卒中の治療に関連した記事をまとめました。

みなさまの参考になれば幸いです。

脳卒中治療に関わる医療科目

脳卒中治療に関わる医療科目

この章では、脳卒中の緊急時にどの科に行くべきか、脳卒中の予防などについてご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

脳卒中の初期症状と警告サイン

・運動麻痺

・感覚障害

・言語障害

・視覚障害

・平衡機能の障害

・激しい頭痛

FASTテストの重要性

Face(顔)、Arms(腕)、Speech(話す)、Time(時間)

の4つで脳卒中の兆候を確認。

脳卒中の緊急時対応

脳神経内科:脳梗塞などに対する内科的治療などを主に行う。

脳神経外科:必要に応じた外科的治療を主に行う。

リハビリテーション科:脳卒中後のリハビリを行う。

SCU(ストロークケアユニット)の役割

脳卒中を早期発見から24時間体制で集中的に治療する病棟。

脳卒中の予防とリスク管理

・高血圧、喫煙、不適切な飲食、運動不足のリスク要因管理など

・適度な運動、健康的な食事、禁煙など

脳卒中は突然の出来事であり、その対応は時間との戦いです。

適切な知識とリハビリで生活の質を保ち、自立した生活を送ることが可能です。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【脳卒中を疑ったら今すぐ○○科へ!【何科に行くべき?初期症状は?】】

脳卒中の手術治療

脳卒中の手術治療

この章では、脳卒中の手術についてご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

脳卒中の手術の種類と目的
血栓除去手術:血流回復と脳組織損傷の最小化を目的とする。

出血に対する手術:血腫の除去・止血などで、脳へのダメージを防ぐ。

手術のプロセス

前準備:手術のリスクと目的を理解し、同意を得る。

手術:専門医チームによる手術。

回復:理学療法などのリハビリテーションを通じて機能回復などを行う。

手術のリスクと成功率

リスク:感染、出血、さらなる脳損傷など。

成功率:患者様の状態や手術タイプにより異なります。

手術にはリスクも伴うため、患者様とご家族は手術の利益とリスクを十分に理解し、

専門医との相談を通じて最適な選択をすることが重要です。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【【体験談あり!】脳卒中手術のすべて【準備から術後のケアまで解説】】

脳卒中治療に用いられる薬物療法

脳卒中治療に用いられる薬物療法

この章では、脳卒中の治療における薬物療法の重要性とその具体的な内容についてご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

脳卒中の基本的な理解

脳卒中の定義:脳の血管に障害がおきることで生じる疾患の総称。

脳卒中の種類:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作(TIA)。

脳卒中の一般的な原因とリスク要因

主な原因:高血圧など

その他のリスク要因:糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙、運動不足、ストレスなど

脳卒中の薬物療法

血栓溶解薬

脳の血管にできた血栓を溶かす。出血のリスクあり。

抗血小板薬

血を固まりにくくして動脈内で血栓ができるのを予防する。出血傾向の副作用あり。

抗凝固薬

心臓や静脈内に血栓ができにくくする。。出血リスクあり。

予防と再発予防に役立つ薬物

高血圧治療薬

血圧を下げる薬

高コレステロール治療薬

スタチン類

薬物療法と生活習慣改善の組み合わせ

・健康的な食生活

・適度な運動

・適切な休息

・禁煙・禁酒

脳卒中の治療において薬物療法は非常に重要ですが、副作用のリスクも存在するため、

医師の指示に従い、定期的な検査を受けることが重要です。

また、薬物療法だけでなく、生活習慣の改善も脳卒中の予防・再発予防には欠かせません。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【脳卒中は薬と○○で治す時代【再発防止と予防法】】

脳卒中における再生医療の進展

脳卒中における再生医療の進展

この章では、脳卒中治療における再生医療の進歩とその可能性についてご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

脳卒中の基本的な理解

脳卒中の原因、症状、リスク要素を理解することが重要

虚血性脳卒中

血管が詰まり、脳細胞が酸素不足におちいった状態

出血性脳卒中

脳の血管が破れ、血液が漏れた状態

脳卒中のリスク要素

変えられない要素(年齢、性別、遺伝)と変えられる要素(高血圧、糖尿病、喫煙、飲酒、肥満、運動不足)

脳卒中の治療法と再生医療の進歩

現行の治療法:薬物療法、手術、リハビリ

再生医療の進歩:現在は開発段階

脳卒中のリハビリと再生医療

リハビリの重要性:身体機能の回復、生活能力の向上、社会参加の支援

再生医療の影響:神経再生などの研究が進行中

脳卒中の予防と再生医療

予防策:生活習慣の改善、定期的な健康診断、ストレス管理

再生医療の可能性:血管の再生や神経細胞の保護

再生医療の進歩は、脳卒中治療と予防に新たな道を開く可能性を秘めています

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【再生医療は希望の光!?脳卒中治療にもたらす新たな可能性について】

脳卒中の回復過程

脳卒中の回復過程

この章では、脳卒中の回復過程について、その主なステージと特徴、個々の回復に影響を与える要因をご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

急性期

急性期の治療に重点を置き、生命の危険を最小限に抑え、身体機能の回復を促進します。

特徴は以下のとおりです。

・再発、悪化などのリスク管理が重要

・重度の身体的制約を受ける

・早期の離床などによる身体機能の維持、向上が必要

・情緒的な影響が生じる

回復期~生活期

患者様自身が主体となり、積極的なリハビリに取り組みます。

特徴は以下の通りです。

・身体機能、能力の改善に向けたリハビリを行う

・自立生活への挑戦

・社会復帰の準備

個々の違いと影響を受ける要因

脳卒中の種類と重症度、個々の健康状態、リハビリの取り組みが回復速度に影響します。

脳卒中の回復過程は個人差があり、患者様の努力とご家族の支援、適切なリハビリが重要です。

大変な道のりですが、一歩一歩進むことで自立した生活を取り戻す可能性が広がります。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【【成功事例あり】脳卒中の基礎から回復過程まで徹底解説!○○が重要】

脳卒中が回復する可能性

脳卒中が治癒する可能性

この章では、脳卒中治療の可能性、治療法、リハビリなどについてご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

脳卒中の治療法

急性期:脳への血流の改善やダメージを最小限にするための薬物療法や手術など。
回復期以降:リハビリテーションによる身体機能の改善や日常生活動作の獲得など。

脳卒中の回復率と期間

・発症後~6ヶ月間で最も大きな改善が見られることが多い。

・継続的なリハビリにより回復が期待できる。

脳卒中の治療と回復は個々の状況により異なりますが、

適切な治療とリハビリにより、多くの患者様が改善する可能性があります。

しかし、すべての機能が完全に戻るわけではない場合もあるため、新たな生活スタイルへの適応も重要です。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【【弊社の成功事例あり!】脳卒中は治るの?治療と回復の完全ガイド!】

脳卒中患者の入院期間

脳卒中患者の入院期間

この章では、脳卒中の入院期間とその後のケアについてご説明します。

重要なポイントは以下の通りです。

脳卒中の重症度による入院期間の違い

・軽度の脳卒中:数週間の入院。

・中等度の脳卒中:数週間から数ヶ月の入院。

・重度の脳卒中:数ヶ月から半年以上の入院。

脳卒中の種類による入院期間の違い

虚血性脳卒中は出血性脳卒中よりも入院期間が長い傾向がある。

入院期間中の治療とリハビリ

初期治療:脳へのダメージを最小限に抑える。

リハビリ:身体的および認知的機能の回復を目指す。

入院期間の延長や短縮の要因

延長要因:重度の運動麻痺、合併症、年齢と基礎疾患。
短縮要因:軽度の運動麻痺、早期リハビリ、家族のサポート。

退院後のケアと生活習慣の配慮

退院後、通所・外来リハビリ、在宅リハビリなどのリハビリを継続される方が多いです。
再発予防に向けて、健康的な生活習慣、社会的なつながり、適切なストレス管理が重要になります。

脳卒中の入院期間は個々の状況により異なりますが、

適切な治療とリハビリにより、患者様の回復と自立をサポートします。

退院後のケアと生活習慣の配慮は、再発のリスクを減らし、生活の質を向上させるためとても重要になります。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

【【解説】脳卒中の入院ってどれくらい?【入院期間~退院後のケアまで】】

まとめ

まとめ

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

脳卒中の治療法、回復過程、入院期間、適切な医療科の選択、予防方法、リハビリの重要性など、幅広くご説明しました。

それぞれ、さらに詳しく書かれた記事のリンクをご案内しているので、そちらも合わせてご覧ください。

脳卒中は突然訪れる病気ですが、適切な知識と迅速な対応により、回復の可能性を広げることができます。

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

弊社では経験豊富なセラピストが、ロボットやAIによる最新のリハビリを駆使してサポートさせて頂きます。

・散歩や買い物を楽しみたい
・維持ではなく、改善をしたい
・装具や杖などを使用せずに歩けるようになりたい

このようなお悩みを持つ方はぜひお問い合わせください。

毎月先着5名様限定無料体験を実施しておりますのでお早めにどうぞ!

お問い合わせはこちらから↓
>>仙台付近にお住いの方
>>東京にお住いの方
>>名古屋付近にお住いの方
>>大阪付近にお住いの方

この記事を書いた人
大野 真之介

大野 真之介

理学療法士 / 認定理学療法士(脳卒中)

2016年に理学療法士免許を取得。同年より愛知県内の大学病院で勤務し、回復期・急性期・外来のリハビリを経験。急性期ではSCU(脳卒中集中治療室)の専任理学療法士としても勤務。
これまで主に脳血管疾患・脊髄損傷・神経難病の方のリハビリに携わる。2020年に日本理学療法士協会の認定資格である認定理学療法士(脳卒中)を取得。2022年11月から脳神経リハビリセンター名古屋に勤務。
私は常に「一緒に進めるリハビリ」を心がけています。療法士がリハビリをするのではなく、お客様にも“動き方”や“変化”を知ってもらいながら、運動を通して目標達成を目指しています。目標に向けて一緒に挑戦していきましょう。全力でサポートします。