改善事例

CASE

BRANCH
名古屋

【発症後2年半】50代男性・脳出血・左片麻痺 上肢の改善事例

食事動作

50代
男性

ご利用者様情報

年代
50代
性別
男性
疾患名
脳出血(右視床)
発症からの期間
約2年半
症状
左片麻痺・感覚障害・しびれ
ご利用期間・回数
2週間に1回の利用・上肢介入16回
リハビリ目標
左手がもっと使えるようになりたい(お椀を持つ・キーボードを打つ)

動画

MOVIE
  • 食事の実動作

  • HAL

リハビリの記録

RECORD

ご利用までの経緯

急性期病院で治療後、回復期病院で約5か月リハビリを実施。その後、外来を利用されていた。歩行と左手の改善目的でHPを見て来店。

体験時の状況

運動麻痺に加え、感覚障害(特に痺れ)などにより歩行の円滑性の低下や姿勢の崩れを認めました。左手は日常生活ではあまり使えていない状況でした。お椀を持つ際には手に痛みを感じたり・強い熱さを感じてお椀を持つことが困難な状況でした。
仕事もされながら月2~4回で利用開始頂きました。

リハビリ内容

上肢・下肢ともにリハビリを実施しました。上肢に関しては、筋の硬さをとりつつ、まずは体幹・肩甲骨周囲を安定させるための練習を中心に実施しました。手の筋の萎縮も著明であったため、手の筋にも直接介入しました。徐々に、肩甲骨~手が使えるように徒手・HALにてリハビリを進めました。痺れや感覚障害の改善に向け、常に感覚入力がしやすいように配慮してリハビリを実施しました。

リハビリの結果

RESULT
初期はお椀を把持した際に震えや痛みが強く、持続した把持が困難でした。特にお椀を浮かせた状態で保持することができませんでした。
現在は、過敏に熱さを感じるものの、痛みや震えは大きく軽減しました。また、お椀を浮かせた状態での保持も可能となり、実際の食事での使用も徐々に増えてきています。手の中の筋肉も改善を認めています。

担当スタッフからのコメント

COMMENT
初期は体幹・肩甲骨周囲の不安定性に対し、手や肘周囲の緊張を高めている状態でした。これらが続いたことで手の中の筋の萎縮も認め、異常感覚を助長しておりました。
硬い部分や手の中の筋に対し徒手にて介入をしつつ、体幹・肩甲骨の安定させる練習を実施しました。その上でHALを使用し、前腕を捻る動き(回内外)を肩甲骨・体幹が安定した状態で行いました。手の中の筋肉を活性化させるために、感覚刺激や環境設定を工夫して実施しました。
生活場面に繋げるため、実施の食事動作もリハビリにて実施しております。お仕事もされており、2週に1回の利用であるため、LINEで動画をチェックするなど自主練習のサポートもさせて頂いております。
現在、ご飯茶碗の把持はご自宅でも実施して頂き、リハビリでは汁物にもチャレンジできました。より楽に、また色々な物が持てるようにリハビリを行っていきます!
担当者の画像

大野 真之介