改善事例

CASE

BRANCH
大阪

【発症後5カ月】50代男性・脳梗塞・左片麻痺の改善事例

走行比較(正面)

50代
男性

ご利用者様情報

年代
50代
性別
男性
疾患名
脳梗塞
発症からの期間
5カ月
症状
左片麻痺
ご利用期間・回数
2カ月・8回
リハビリ目標
短下肢装具・杖を外して     スムーズに歩く

リハビリの記録

RECORD

ご利用までの経緯

脳梗塞発症後5か月経過され、退院後は短下肢装具・杖を用いて屋外歩行されていました。
短下肢装具・杖を外してスムーズに歩きたいということで、当センターの利用を開始いただきました。

体験時の状況

体験時は、全身の緊張が高く歩行を行うと左足(麻痺側)にはぶん回し歩行がみられ、距離が長くなるにつれ著名に確認できました。
また、歩行時には左上肢(麻痺側)の筋緊張が上がりやすい状態でした。

リハビリ内容

全身の硬さを整えるため、体幹の介入からはじめました。
介入途中で、麻痺側の靴が履きづらいと訴えがあり、足浴や靴下を用いての知覚動作を実施しました。
また、ノコギリを使って麻痺側下肢へ荷重をかけれるようにし、両手の活動に協調動作を実施しました。

リハビリの結果

RESULT
リハビリ実施後、靴を履く動作に関してスムーズに履けるようになりました。
屋外歩行は短下肢装具・杖を外し、ぶん回し歩行や左手に過剰な力が抜け、長距離歩行も可能となりました。

担当スタッフからのコメント

COMMENT
介入当初、麻痺側の緊張が高い為、緩和させる介入や柔軟な身体作りから始めました。
ノコギリ動作などで麻痺側下肢に荷重を加えたり、足関節のHALを用いたことで床面の形状などが分かりやすくなり、歩行改善にも繋がりました。
また、足浴や靴下を用いての知覚動作により、靴もスムーズに履けるようになりました。
今後、ご趣味であるゴルフ再開に向け、不整地での長距離歩行の獲得をサポートさせていただきます。
担当者の画像

前川 裕樹