お知らせ

NEWS

BRANCH

吉祥寺

CATEGORY

コラム

これってまさか脳卒中の前触れ!?即時対応が大切な脳卒中の初期症状

こんにちは!東京都武蔵野市にある脳神経リハビリセンター吉祥寺の百瀬です。

・突然の、今まで感じたこともない激しい頭痛

強いめまいや、片方の手足の麻痺

それ、脳卒中の初期症状かもしれません!

今回は、脳卒中の前触れにいち早く気づくことができるように、

脳卒中の初期症状についてご説明します。

すぐに気づいて行動することが、重い後遺症を防ぐことにつながります。

脳卒中の基本知識と前触れのサイン

脳卒中の基本知識と前触れのサイン

この章では、脳卒中の基本的な知識と、その前触れや初期症状についてお話します。

脳卒中は多くの場合、前兆があります。

これらを早期に発見し、適切な対応をすることが重要です。

脳卒中とは何か?

脳卒中とは、脳の血管が詰まるか破裂することにより、その周囲の組織が損傷を受ける病気です。

主に、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3種類に分類されます。

脳卒中の前触れと初期症状

脳卒中の前触れや初期症状を知ることは、早期発見と治療につながります。

以下に、主な前触れと初期症状を挙げます。

・呂律が回らない、言葉の理解ができないといった言語障害

・片側の顔や手足の麻痺

・歩行時のふらつき

・突然の強い頭痛

・視覚障害、片目の視力低下

これらの症状は、脳が何らかのダメージを受けていることを示しています。

もし、これらの症状が現れたら、直ちに医療機関を受診してください。

早期に適切な治療を受けることで、脳卒中の重い症状を避けることができます。

また、これらの初期症状が一時的に改善したとしても、必ず医療機関での診断を受けてください。

脳卒中の種類とそれぞれの前兆

脳卒中の種類とそれぞれの前兆

この章では、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の前兆について詳しく説明します。

これらの前兆を早期に発見することは、

迅速な治療へとつながるため、重い後遺症を防ぐ鍵となります。

脳出血の前触れ

脳出血は、:脳内の血管が破裂し、出血が起こる状態です。

以下の症状が見られることがあります。

・突然の激しい頭痛

・吐き気や嘔吐

・急な視覚障害や意識の混濁

・片側の手足の麻痺や感覚の低下

脳梗塞の前触れ

脳梗塞は、血管が詰まり、脳への血流が遮断される状態です。

以下の症状が見られることがあります。

・片側の手足のしびれや弱さ

・言葉が不明瞭になる、理解が困難になる

・顔の片側の頬が下がるなど

・急な歩行困難やふらつき

これらの症状は、脳に問題が生じている恐れがあります。

くも膜下出血のサイン

くも膜下出血は、脳の表面近くの血管が破裂する状態です。

以下の症状が見られることがあります。

・突然の、非常に激しい頭痛

・意識の混濁や失神

・吐き気や嘔吐

・光に対して過敏になる

これらの症状は緊急を要するため、直ちに救急医療の手を求めるべきです。

脳卒中の前触れを見逃さないことは、患者様の命を救い、重い後遺症を防ぐために重要です。

ご家族や周囲の方々も、異変を感じたらすぐに医療機関への受診を促してください。

意識不明を伴う脳卒中について、詳しく知りたい方はこちらのリンクをご確認ください。

【突然の意識不明、それ脳卒中かもしれません!原因やメカニズムとは?】

脳卒中の危険因子と予防方法

脳卒中の危険因子と予防方法

この章では、脳卒中のリスク要因と、

それらを減らすための日常生活での予防策について詳しくお話します。

脳卒中は、そのリスク要因を理解し、

適切な予防を行うことで発症の危険性を大きく下げることができるといわれています。

脳卒中のリスク要因

脳卒中のリスクを高める要因は多岐にわたりますが、主なものを以下に挙げます。

高血圧:最も多く見られるリスク要因です。
喫煙:たばこに含まれる成分が血管を狭め、血流を悪化させる原因となります。
高コレステロール:動脈硬化を引き起こし、脳卒中のリスクを増大させます。
糖尿病:血糖値が高いと血液が固まりやすくなり、血管も詰まりやすくなります。

また、動脈硬化とも深い関係がありますので、血管が破裂しやすくなります。

不規則な生活習慣:運動不足や不健康な食生活もリスクを高めます。

これらの要因に注意を払い、適切な管理を行うことが重要です。

日常生活でできる予防策

脳卒中のリスクを減らすために、日常生活で以下のような予防策を取り入れることが大切です。

血圧の管理:定期的に健康診断で血圧をチェックし、必要に応じて医師の指導を受ける。
健康的な食生活:塩分や脂肪の摂取を控え、野菜や果物を多く取り入れる。
定期的な運動:自分の体調に合わせた、適度な有酸素運動。
禁煙:喫煙は脳卒中のリスクを高めます。
ストレス管理:リラクゼーションや趣味の時間を持つ。

これらの予防策は、脳卒中のリスクを減らし、健康的な生活を送ることにつながります。

患者様やご家族がこれらのリスク要因を持っている場合は、速やかに予防策を実施することをお勧めします。

脳卒中発症時の対処法

脳卒中発症時の対処法

この章では、脳卒中が発症した際の対処法と、医療機関での治療についてご説明します。

脳卒中は、迅速かつ適切な対応が患者様の命を守る鍵となります。

緊急時の対処法

脳卒中の疑いがある場合、以下の行動が必要です。

速やかに救急車を呼ぶ

脳卒中の初期症状が見られたら、直ちに救急車を呼んでください。

症状を救急隊員に伝える

患者様の症状をできる限り詳しく、救急隊員に伝えることが重要です。

安静に保つ

患者様を安全な場所に移し、落ち着かせることが大切です。

時間を記録

症状が見られた時刻を記録し、医療スタッフに伝えることが、適切な医療処置につながります。

医療機関での治療

医療機関に到着後、以下の治療が行われます。

緊急診断

CTスキャンやMRIなどの画像診断を行い、脳卒中の種類と範囲を特定します。

速やかな治療

脳卒中の種類に応じて、血栓溶解療法や手術などの治療が行われます。

その後のケア

脳卒中の治療後、リハビリテーションや生活習慣の見直しが行われます。

脳卒中は時間との戦いです。

症状が現れたら、迅速な対応を心がけ、焦らずに行動することが大切です。

脳卒中後のリハビリテーションと生活管理

脳卒中後のリハビリテーションと生活管理

この章では、脳卒中後の患者様のためのリハビリテーションの重要性と、

日常生活での注意点及びケアについて説明します。

脳卒中後の回復過程は個人の症状により違いますので、専門職によるリハビリテーションと適切な生活管理が重要です。

リハビリテーションの重要性

脳卒中後のリハビリテーションは、以下の点で非常に重要です。

機能回復:日常生活の自立を目指した、麻痺した手足の機能改善。

認知機能の改善:障害により低下した記憶力や判断力などの認知機能の改善。

二次的な合併症の予防:筋肉や関節が硬くならないように予防します。

精神的なサポート:心理面・精神面に配慮し、安定できるようサポートをしていきます。

リハビリテーションは、患者様の状態に合わせて個別に内容が作られ、

理学療法士や作業療法士によって実施されます。

日常生活での注意点とケア

脳卒中後の日常生活では、以下の点に注意し、適切なケアを行うことが大切です。

安全な生活環境

転倒防止のため、家具の配置を工夫し、滑りにくい床材を使用するなど、環境への配慮。

栄養バランスの取れた食事

高血圧や糖尿病の管理のため、塩分や糖質を控えたバランスの良い食事を心がけます。

定期的な受診

再発防止と健康状態の確認のため、定期的に主治医の診察を受けます。

ご家族のサポート

患者様が心理的にも安心して生活を送ることができるようにご家族がサポートすることも大切です。

心理的な安定は、患者様のQOL(生活の質)を高め、再発を防ぐために大切です。

脳卒中の改善事例

実際にリハビリを受けて改善した事例をご紹介します。

脳卒中・左片麻痺を呈した70代女性の方です。

入院時は車椅子に乗車は可能でしたが、転倒への恐怖心が強く、

手すりや介助者にしがみついてしまい立ち上がることが困難でした。

リハビリにて恐怖心が和らぐような声かけと立ち座りの練習を行いました。

その後、ご自身の力のみで、手すりを使って立ち上がりや方向転換ができるようになりました。

具体的な改善事例についてはこちらをご覧ください。

【【発症後4ヵ月】40代男性・脳出血(右被殻出血)・左片麻痺の改善事例】

まとめ

まとめ

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

脳卒中の前触れ、緊急時の対処法、リハビリテーションの重要性についてご説明しました。

脳卒中に対する正しい知識を持つことは、ご自身や大切なご家族を守ることに繋がります。

この記事が皆さんの健康管理や緊急時の対応に役立つことを願っています。

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

弊社では経験豊富なセラピストが、ロボットやAIによる最新のリハビリを駆使してサポートさせて頂きます。

・散歩や買い物を楽しみたい
・維持ではなく、改善をしたい
・装具や杖などを使用せずに歩けるようになりたい

このようなお悩みを持つ方はぜひお問い合わせください。

毎月先着5名様限定無料体験を実施しておりますのでお早めにどうぞ!

お問い合わせはこちらから↓
>>東京にお住いの方
>>名古屋付近にお住いの方
>>大阪付近にお住いの方

この記事を書いた人
百瀬 義一

百瀬 義一

作業療法士

2007年に作業療法士免許を取得。回復期・生活期・介護施設・在宅と全てのステージでのリハビリを経験。
これまで脳血管疾患・運動器疾患・廃用疾患・難病など、多くの患者様のリハビリテーションに携わる。
2023年12月から脳神経リハビリセンター吉祥寺に勤務。

私は「少しでも利用者様のご希望を達成する事ができるリハビリ」を心がけています。自費領域でのリハビリテーションは病院でのリハビリとは違い、利用者様のご希望がはっきりとしていて、より切実である事が多いと感じています。リハビリ介入により少しでも利用者様のご希望や目標を達成することができるよう、精一杯のリハビリを行なってまいります。