お知らせ

NEWS

BRANCH

名古屋

CATEGORY

コラム

脳卒中になるのは〇人に一人!?日本の発症率や注意すべきリスクなど

こんにちは!脳神経リハビリセンター名古屋の水谷です。

「脳卒中の発症は〇人に一人」

みなさんはこの具体的な数字をご存知でしょうか?

世界と日本とで少し違いますが、意外と身近かもしれません。

今回は、この具体的な発症率の解説と、それを受けて今後

どのように対策するべきかや、効果的なリハビリ方法について解説します。

この記事を読んで、より健康的に脳卒中のリスクを回避しましょう。

脳卒中の現状と重要性

脳卒中の現状と重要性

脳卒中とは何か?

脳卒中は、脳の血流が遮断されることで発生する病気です。

この状態は、脳細胞への酸素や栄養の供給が停止し、

脳機能に重大な影響を及ぼします。

脳卒中には大きく分けて二つのタイプがあります。

①虚血性脳卒中:血管が詰まることにより発生する。

②出血性脳卒中:血管が破裂することにより発生する。

これらの違いを理解することは、症状の早期発見と適切な治療への道を開きます。

特に、虚血性脳卒中は早期治療により回復できる可能性があるため、初期症状の認識が重要です。

日本と世界における脳卒中の発生率

日本では、高齢化社会の進展と共に脳卒中の発生率が増加しています。

統計によると、日本人の約4.3人に1人が生涯で脳卒中を経験するとされています。

これは、世界平均の4人に1人と比較しても高い数値です。

この傾向は以下の要因によるものです。

・高齢化に伴う健康リスクの増加

・生活習慣病の増加

世界的に見ても、脳卒中は主要な死因および障害の原因となっています。

特に発展途上国では、医療アクセスの問題や健康教育の不足が、脳卒中のリスクを高めています。

これらの情報は、脳卒中の予防と早期治療の重要性を強調しています。

健康的な生活習慣の維持と定期的な健康診断が、脳卒中のリスクを減らす鍵となります。

詳しい内容はこちらのリンクをご確認ください。

【脳卒中の原因と予防法を解説!健康な生活を送るための方法まとめ】

脳卒中の種類とリスク

脳卒中の種類とリスク

この章では、脳卒中の主な種類である虚血性脳卒中と出血性脳卒中の違い、

そして年代別・性別別の脳卒中リスクについて詳しく解説します。

これらの知識は、脳卒中の予防と早期発見に役立ちます。

虚血性脳卒中と出血性脳卒中の違い

脳卒中には二つの主要なタイプがあります。

虚血性脳卒中

・血管が詰まることで脳への血流が遮断される。

・最も多い脳卒中のタイプ。

・高血圧や動脈硬化が主な原因。

出血性脳卒中

・脳の血管が破裂し、出血が起こる。

・高血圧が最も高いリスクファクター。

これらの違いを理解することは、適切な治療法の選択に不可欠です。

年代別・性別別の脳卒中リスク

脳卒中のリスクは年代や性別によって異なります。

年代別リスク

・65歳以上の高齢者に多い。

・若年層では稀だが、生活習慣病の増加によりリスクが上昇中。

性別別リスク

・男性は女性に比べて脳卒中のリスクが高い。

・女性は脳卒中後の疲労や混乱などの症状が生じやすい。

これらの情報は、年代や性別に応じた予防策を講じる上で重要です。

例えば、高齢者には定期的な血圧測定と健康診断が推奨されます。

また、若年層では健康的な生活習慣の維持が重要です。

脳卒中の原因と予防

脳卒中の原因と予防

この章では、脳卒中の主な原因としての生活習慣とストレス、

そしてそれらを軽減するための予防策について詳しく解説します。

脳卒中を予防するためには、

日常生活の中での小さな変化が大きな効果をもたらすことを理解することが重要です。

主な原因:生活習慣とストレス

脳卒中の主な原因は以下の通りです。

不健康な食生活:高脂肪、高塩分の食事がリスクを高めます。

運動不足:運動不足が血管の健康を損なう原因となります。

喫煙と過度の飲酒:これらは血管を狭め、脳卒中のリスクを増加させます。

ストレス:慢性的なストレスは高血圧を引き起こし、脳卒中のリスクを高めます。

これらの生活習慣を改善することで、脳卒中のリスクを大幅に減少させることが可能です。

予防策:生活習慣の改善と定期検診

脳卒中の予防には以下のような対策が効果的です。

健康的な食生活

野菜や果物を多く含むバランスの取れた食事を心がけましょう。

定期的な運動

週に数回の軽い運動は血圧を下げ、血流を改善します。

禁煙と節酒

喫煙を止め、アルコールの摂取を控えめにすることが重要です。

ストレス管理

リラクゼーション技法や趣味を通じてストレスを軽減しましょう。

定期検診

血圧やコレステロールの定期的なチェックが予防につながります。

これらの予防策を実践することで、脳卒中のリスクを効果的に低減できます。

患者様やご家族がこれらの習慣を日常生活に取り入れることが、健康維持の鍵となります。

さらに詳しい内容はこちらのリンクをご確認ください。

【ストレスは脳卒中の原因になる】

脳卒中の症状と初期対応

脳卒中の症状と初期対応

この章では、脳卒中の初期兆候の見分け方と、緊急時に取るべき対応について解説します。

脳卒中は突然発生することが多く、初期症状の認識と迅速な対応が非常に重要です。

ここで紹介する情報は、脳卒中を早期に発見し、適切な処置を行うための基礎知識となります。

脳卒中の兆候を見分ける方法

脳卒中の初期兆候は以下のように現れます。

・顔の片側の麻痺やたるみ

・片腕の力が入らない、または片方の腕が上がらない

・言葉が不明瞭になる、話すことが困難になる

・突然のふらつきや歩行困難

・視界の急な変化、片目の視力低下

これらの症状は「FAST」という覚えやすいキーワードで表されます。

Face(顔)、Arms(腕)、Speech(話すこと)、Time(時間)を意識しましょう。

緊急時の対応と救急処置

脳卒中の疑いがある場合、以下の対応が必要です。

すぐに救急車を呼ぶ

脳卒中は時間との戦いです。迅速な医療介入が必要。

患者様を安全な位置に保つ

落ち着かせ、安全な姿勢を取らせます。

締め付ける衣服は緩める

呼吸を楽にするため、ネクタイやベルトは緩めましょう。

患者様の意識を確認し続ける

意識があるかどうか、定期的に確認します。

脳卒中の初期対応は、患者様の回復に大きく影響します。

このため、患者様やご家族がこれらの対応を理解し、実行できるようにすることが重要です。

もっと詳しく知りたい方はこちらのリンクをご覧ください。

【脳卒中を疑ったら今すぐ○○科へ!【何科に行くべき?初期症状は?】】

脳卒中の治療とリハビリ

脳卒中の治療とリハビリ

この章では、脳卒中の最新治療法とその効果、

さらにリハビリの重要性と具体的な方法について詳しく解説します。

脳卒中の治療は早期介入と適切なリハビリが鍵となり、回復に大きく寄与します。

最新の治療法とその効果

脳卒中の治療法は近年、大きく進歩しています。主な治療法とその効果は以下の通りです。

急性期治療

血栓溶解療法:虚血性脳卒中において、発症後4.5時間以内に行うことができる治療法。脳梗塞の症状が大幅に改善することがある。

血管内手術:出血性脳卒中などに用いられる。

予防的治療

血圧管理:高血圧は脳卒中の主要なリスク。

抗凝固療法:再発防止のために用いられる。

これらの治療法は、脳卒中の種類や患者様の状態に応じて選択されます。

リハビリの重要性と方法

脳卒中後のリハビリは、機能回復と生活の質の向上に不可欠です。

リハビリの主な目的と方法は以下の通りです。

機能回復

理学療法:筋力や運動機能や歩行などの改善を目指す。

作業療法:日常生活動作(ADL)の回復をサポート。

高次脳機能と言語の改善

言語療法:発話や理解の問題に介入。記憶や注意力のトレーニング。

当センターの改善事例

実際に当センターでリハビリを受けて改善した事例をご紹介します。

急性期・回復期で約5ヶ月入院され、退院後は訪問リハ・デイ・自費リハビリに通って

リハビリをされていた方です。当施設のロボットリハビリに興味を持たれ、ご利用頂きました。

介護保険等のリハビリを併用しつつ、リハビリを行っています。

リハビリにより、歩行速度・姿勢・クリアランス(足の引っ掛かり)に改善を認めました。

さらに詳しい内容はこちらのリンクからご確認ください。

【【発症後1年4ヵ月】70代女性・脳梗塞・右片麻痺の改善事例】

リハビリは個々の患者様の状態に合わせて行い、継続的な取り組みが求められます。

患者様とご家族のサポートが、効果的なリハビリには不可欠です。

脳卒中への意識と対策

脳卒中への意識と対策

この章では、脳卒中に対する意識の高め方と、具体的な対策について解説します。

脳卒中は突然発生し、生命に影響を及ぼす可能性があるため、

正しい知識と予防策を持つことが重要です。

ここでは、患者様やご家族が日常生活で実践できる対策を紹介します。

脳卒中に対する意識の重要性

脳卒中に対する意識を高めることは、以下の理由から重要です。

早期発見と迅速な対応が、重大な後遺症を防ぐ鍵となります。

正しい知識があれば、予防策を効果的に実施できます。

患者様やご家族が脳卒中のリスクを理解することで、生活習慣の改善が促進されます。

脳卒中の具体的な対策

脳卒中の予防と対策には、以下のような方法が有効です。

健康的な生活習慣の実践

・塩分や脂肪の摂取を控えめにし、バランスの良い食事を心がける。

・定期的な運動を取り入れ、体重管理に努める。

・喫煙を避け、アルコールの摂取を適量にする。

ストレス管理

・リラクゼーション技法を学び、ストレスを効果的に管理する。

・趣味や社会活動に参加し、心の健康を保つ。

定期的な健康診断

・血圧やコレステロール値の定期的なチェックを行う。

・定期的な健康診断により、リスク要因を早期に発見する。

これらの対策を実践することで、脳卒中のリスクを減らし、

万が一の発生時にも適切な対応が可能になります。

これらを意識して日常生活に取り入れることが、健康維持のために非常に重要です。

まとめ

まとめ

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。

脳卒中の知識は、あなたや大切な人の健康を守るために不可欠です。

少しの意識と行動の変化が大きな違いを生むことを、ぜひ覚えておいてください。

健康的な生活習慣、適切なストレス管理、定期的な健康診断が、脳卒中のリスクを減らし、より良い未来へと導きます。

この記事がその一助となればと思います。

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

本記事でもお悩みを解決できない場合は、ぜひ弊社までご相談ください

弊社では経験豊富なセラピストが、ロボットやAIによる最新のリハビリを駆使してサポートさせて頂きます。

・散歩や買い物を楽しみたい
・維持ではなく、改善をしたい
・装具や杖などを使用せずに歩けるようになりたい

このようなお悩みを持つ方はぜひお問い合わせください。

毎月先着5名様限定無料体験を実施しておりますのでお早めにどうぞ!

お問い合わせはこちらから↓
>>名古屋付近にお住いの方
>>大阪付近にお住いの方

この記事を書いた人
水谷 滉希

水谷 滉希

理学療法士

2017年に理学療法士免許を取得。同年より理学療法士として勤務。一般病棟、地域包括病棟、回復期病棟、外来リハビリ、訪問リハビリ等様々な分野でのリハビリを経験。
2022年には名古屋市内の回復期病棟立ち上げをチームリーダーとして携わる。2023年10月脳神経リハビリセンター名古屋に勤務。
私は常に「諦めない気持ち」を大切にしています。セラピストとお客様が二人三脚となり、最後まで諦めず目標達成を目指しています。全力でサポートさせて頂きます。目標達成に向けて一緒に歩んでいきましょう。